ABOUT

長崎の街で祈りを込めて、ロザリオを編んでいます。 古くからキリシタン文化が息づく長崎の街に生まれ育ち、爆心地からおよそ500mという近さで被爆した、浦上天主堂(カトリック浦上教会)がずっとそばにありました。 高校生のころ、遠藤周作の「深い河」や「沈黙」、三浦綾子の「ひつじが丘」「氷点」など、キリスト教をテーマにした作品に出会い、その後も人生の岐路に立つたびに読み返すこと20数年。 40代でようやく身の回りの環境も整い、洗礼というこの上ないお恵みに与らせていただきました。 これまでのアクセサリー制作で培った技術を活かして、ひとつひとつ手仕事で繋いだロザリオをお届けしております。 また、聖母の騎士修道院(カトリック コンベンツアル聖フランシスコ修道会)の修道士にご指導を仰ぎ、伝統的な長崎編み(手編み)も学ばせていただきました。 手にしてくださる方の幸せを祈りながら制作するのは、私にとってもこれ以上ない幸せな時間です。 祈りの用具として、また洗礼を受けておられない方にも、日々の心の支えとして大切にお持ちいただけたら嬉しいです。 オーダー制作のほか、お手持ちの大切なロザリオの修理や編み直しも承ります。 金具のもの、長崎編み、紐ロザリオなど各種お預かりしておりますので、お問い合わせのページよりご連絡くださいませ。 どうか今日も神様に、この手を使っていただけますように。 * ****** *長崎・大浦天主堂の売店「オラショのお店」でも花灯のロザリオ(5連・1連)、ロザリオブレスレットをお求めいただけます。長崎巡礼へお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。 *長崎物産展・九州展をはじめ、全国の百貨店等への出展スケジュールは、トップページやinstagram等のSNSにてご覧いただけます。